モーニングのメニュー

モーニングのメニューというのは、大体のレストラン、カフェ、ホテルなどでも定番のメニューというのが決まっているものです。和定食を扱っているお店では、白いご飯にお味噌汁や鮭や納豆などの組み合わせ、洋風のメニューでは、トーストとサラダとベーコンエッグなどというのがお決まりでしょう。ホテルのビュッフェでもスクランブルエッグにジャムトースト、サラダにオレンジジュースなど、ほとんどどこでも変わりません。モーニングの場合は客が食事に来る時間が集中しているため、できるだけ早く提供出来るように、沢山のメニューを取り扱うのではなく定番の組み合わせになるのも自然な事なのです。モーニングメニューはシンプルですが、毎日食べても飽きない工夫、そして栄養バランスが考えられています。

海外では朝食メニューの定番といえばパンケーキですが、最近は日本でも定番のモーニングメニューとして定着してきました。最近はパンケーキの専門店に限らず、カフェやファミリーレストランでも洋食のモーニングメニューとして、パンケーキが提供されています。バターを塗ったトーストやマフィンよりも食感、口当たりが軽く、食欲がない朝でも食べやすいでしょう。専門店のパンケーキは小麦粉や卵など厳選した素材を使っているので、焼きたての熱々を一口頬張れば、小麦の香ばしさと卵の風味が広がり、生クリームやアイスクリーム、フルーツなどのトッピングがなくても、十分美味しく食べられるのです。もちろん専門店では、パンケーキの種類も豊富で、スイーツ系のものから卵料理などと組み合わせる食事系メニューなどもあります。しかし、モーニングメニューとしてはシンプルなメニューが人気です。

シロップをかけただけのシンプルなパンケーキと、豆乳ラテ、またはヨーグルトやサラダなどを組み合わせても良いでしょう。まずは味や好みを追求するか、それとも栄養バランスを考えるか、その日の気分で朝食メニューを考えるのも楽しいはずです。